中国の銀行・ATMの利用について(旅行編)

恐ろしく高い、中国元・日本円の両替の手数料(レート)

中国へ旅行に行く際、無知だった私は日本の空港にある両替店で中国元に替え、中国に出発していました。

そして帰国の際には中国元を同じく空港の両替店で日本円に替えてしまいました。

少し多めに両替していた私は、驚くほど「損」をしていた訳です。

理由は中国元・日本円の手数料(レート)。

Advertisement

例えば、「日本円の10万円を中国元に両替」し、2万円分程買い物をして、「8万円分の中国元をまた日本円に両替」した場合を計算してみます。

[日本円→中国元(両替)] 10万円→7000元

[中国で買い物(2万円分)] 7000元-1400元=5600元→6万円

[中国元→日本円(両替)] 5600元→6万円

結果、2万円分の買い物が、4万円分の買い物に…。

「損」をしないための中国の銀行の利用

私のように「損」をしないために、情報武装をしてから旅だってください。

例えば中国の銀行・ATMを利用するという方法があります。

これなら手数料が0.●パーセントかかる程度で、済みます。

金融機関のレートに数%上乗せされるので、例えば12.0円/元だったら、12.4円/元程度で済むわけです。

この中国の銀行の利用方法ですが、2つあります。

1.中国の銀行に口座を作る

2.日本国内の銀行口座でインターナショナルカード(国際キャッシュカード)を発行してもらう

1.については、中国の高い金利が適用されたり、変動相場に切り替わった際の為替変動の恩恵を受けられたりと、長期間の預金=「投資」に最適な方法ですが、口座の解説にはある程度の中国語力を求められるので、オススメできません。

そこで2.について私なりに調べたことをまとめて行きたいと思います。

中国の有名な銀行とインターナショナルカード対応ATM

中国にある銀行で有名どころと言えば「工商銀行」「中国銀行」「招南銀行」このあたりが挙げられます。

特に、中国最大の銀行である工商銀行や、民間最大手の招南銀行あたりは、インターナショナルカードに対応したATMも多く設置されているので、中国元の引き出しがスムーズに使えます。

中国銀行では、一部地方都市で回線が国際回線に繋がっておらず、主要都市以外ではあまり期待しないほうが良いようです。

これらの銀行以外でも、地方都市でも、「CIRRUS」「PLUS」の表示のあるATMであれば、基本的には利用できますので、このマークを目印に探しましょう。

中国でのATMの利用方法

ATMの利用方法は日本と同じで、カードを入れて暗証番号を入力するだけです。

ただし、一回あたりの引き出し限度が決まっている場合が多く、例えば2500元までといった制限があったりしますので、大きな買い物をする時などは気をつけてください。

当たり前ですが、日本と比べると治安は良くないので、現金を引き出す際には札束が見えないように工夫をしましょう。

インターナショナルカードを作ろう

インターナショナルカードがあれば、中国の銀行・ATMで中国元を引き出すことができます。

このインターナショナルカードのは2種類あります。

A.CIRUS

B.PLUS

カードの裏面にこれらの記載があれば、インターナショナルカードです。

CIRUSとPLUSの違い

Plusを利用した場合ですが、通帳には円貨しか記載されないようで、どこでおろしたのか不明確な点が挙げられます。

一方Cirrusであれば「●●●●CNY」という形で外貨表示がされるようです。

日本の銀行も対応している規格が若干異なります。

日本の銀行の対応状況

「Cirrus」の付いたインターナショナルカードについては、現在はみずほ銀行の一行のみのようです。

「PLUSマークのインターナショナルカードが作れる銀行は数多くあります。

(三井住友銀行、みずほ銀行、新生銀行、イーバンク銀行・・・)

三菱東京UFJ銀行だけは、作れないようになっています。

インターナショナルカード(国際キャッシュカード)の作り方

インターナショナルカードというと、普通の国内銀行のキャッシュカードとは異なるように感じますが、ほとんど違いはありません。

ただ、裏面に「CIRUS」や「PLUS」のマークが付くだけの場合が多いです。

インターナショナルカードを作る、または切り替えるには、手続きが必要になります。

また、手数料1000円程度が必要(口座から引かれる)だったりしますが、一部の銀行では無料です。

インターネットバンキングも一緒に申込しておけば、利用状況も一発で分かり、安心です。

オススメの銀行

オススメ1 新生銀行

発行手数料1000円が不要

パスワードも厳重でセキュリティが強固

ATM引き出し時→メールアドレスに確認メールが来る

オススメ2 イーバンクのマネーカード

クラシックカードなら年会費無料

キャッシュカードとVISAデビットカードが1枚に

手数料もクレカのキャッシング以下

オススメ3 シティバンク

発行手数料1000円が不要

そもそも始めから海外で利用可能

日本語も選択可能

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする