中国の結婚式文化

日本の結婚式と比べると

日本でも結婚式は人生の大きなイベントであり、家族、親戚、友人、同僚、上司と、関係者を一斉に集めた大々的な結婚式が盛んでした。

Advertisement

新婚旅行も兼ねた海外での結婚式や、豪華な船上パーティーなど、恐らくバブルの頃までは派手路線一直線なものだったでしょう。

それが今では地味結がブームとなり、家族と親友のみが集うような、質素な結婚式がメジャーとなってきました。

中国ではとにかく派手な結婚式

一方、中国では正反対。皆が競うように派手婚を繰り広げます。

その様子は日本のバブルも顔負けで、花火、爆竹、鼓笛隊、リムジン、そして絶え間無く降り注ぐ本物の花吹雪。

そんな盛大な結婚式が、自宅から結婚式場まで続きます。

披露宴には有名人も

会場もステージに立つ人の顔が見えない位広いスペースで行われ、有名人を招いたり、司会を務めたりとこちらも派手に事が進みます。

結婚式の出席者数も数百名クラス。

日本よりも親族、親戚の絆を遥かに重んじる中国の方らしく、親戚が増えるこの大きなイベント=結婚式には、多くの親族が集まります。

お祝いの額もハンパない

お祝いの顔もハンパないです。

親しき人は親類、友人の結婚式のお祝いに月収の何倍もの祝い金を手渡します。

それくらい大きなイベントであり、人間関係を大切にしていることが良く分かります。

中国人のプレゼントやお祝い物に対する考え方は、日本人とは若干事なるようです。

参考
中国人のプレゼントに対する考え方

これからお世話になるという思いを込めて、金額という形に置き換えると、このような金額になるようです。

中国での結婚式にかかる費用

テレビでもたまに報じられていますが、人生で一番の出費となるかもしれません。

参考
中国での結婚式の費用データ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする